OCN サービス一覧
2007年2月16日 公開
2007年2月23日 更新
メール投稿ポート(サブミッションポート)の追加提供について
OCNをご利用のお客さまが「Outbound Port 25 Blocking(以下、OP25B)」*1の迷惑メール対策を実施している他社のプロバイダ等のネットワークに接続している状態で、OCNのメールサーバを利用してメールを送信する際にご利用いただける「メール投稿ポート」について、従来から提供中のOCNのメールアドレスに加えて、OCN(S)サービス、OCNサービス(D)、ドリームネットメールサービスのメールアドレスにつきましても提供を開始いたしました。
*1 「Outbound Port 25 Blocking」
迷惑メール対策のひとつ。利用者が、プロバイダ等の準備するメールサーバを経由せずに直接外部にメール送信することを防止するために、25番ポートの通信を遮断すること。
更新履歴
2007年2月23日
対象メールアドレスに関する記述を一部修正しました。
別名メールアドレスサービスをご利用のお客さま向けの記述を追加しました。
メール投稿ポートの追加提供について
■ はじめに
通常のメール送信の際には、送信メールサーバ(SMTPサーバ)のポート番号として「25」番を指定します。
しかし、OP25Bが実施されている他社プロバイダ等に接続して、OCNの送信メールサーバを利用してメールを送信する場合は、「25」番のかわりに「587」番を指定する必要があります。
また、上記に合わせて、送信者のメールアカウントとメールパスワードを用いて、送信者の認証を行う必要があります。
なお、現在メールが送信できている方は、特に設定変更の必要はありません。
■ 対象メールアドレス
OCN Sphereサービスにてご利用されていた基本メールアドレス、追加メールアドレスでOCNに移行してきた 「△△△@□□□.ocn.ne.jp」のメールアドレス
OCNサービス(D)、ドリームネットメールサービスでご利用中の「△△△@□□□.mbn.or.jp」、「△△△@dream.com」のメールアドレス
△△△、□□□についてはお客さまごとに異なります。
■ 設定内容
1
「△△△@□□□.ocn.ne.jp」の場合
送信メールサーバ(SMTP)
送信サーバのポート番号
:smtp.vc□□□.ocn.ne.jp
:587
送信サーバの認証機能をオンにし、受信と同じ設定を使用してください。
2
「△△△@□□□.mbn.or.jp」の場合
送信メールサーバ(SMTP)
送信サーバのポート番号
:care.mbn.or.jp
:587
送信サーバの認証機能をオンにし、アカウント名にメールアドレス全体を設定してください。
3
「△△△@dream.com」の場合
送信メールサーバ(SMTP)
送信サーバのポート番号
:care.dream.com
:587
送信サーバの認証機能をオンにし、受信と同じ設定を使用してください。
別名メールアドレスサービスをご利用のお客さま(「△△△@□□□.mbn.or.jp」のアドレスをお持ちで、「△△△@dream.com」のアドレスを無料で取得されたお客さま)は、「dream.com」のメールアドレスでの設定はできません。上記2(「△△△@□□□.mbn.or.jp」の場合)をご覧ください。
→ メール投稿ポートの設定方法
→ ドリームネットメールサービスに関するお問い合わせ
→ (参考)従来より提供中のメール投稿ポートについて(2005年11月18日)
 
← 前のページへ戻る
NTT Communications 著作権についてプライバシーポリシーNTTコミュニケーションズ

(c) NTT Communications All Rights Reserved